令和2年3月2日策定

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

1.計画期間

 令和2年3月1日から令和4年2月28日までの2年間

2.内容

目標1:産前産後休業や育児休業等の制度を就業規則、規程等に明記するとともに育児休業給付、育休中の社会保険料免除などの制度を社員へ周知や情報提供を行う。 

<対策>
 ●令和 2年 3月~ 法に基づく諸制度の調査および規定化
 ●令和 2年 3月~ 制度につき就業規則等への明文化
 ●令和 2年 4月~ 研修や社内通達で情報提供
目標2:男性社員の育児休業取得を促進し、奨励する。

<対策>
 ●令和 2年 3月~ 男性社員の育休取得への啓発、意識改革
 ●令和 2年 3月~ 出産予定の配偶者を有する男性社員へ仕事の進め方や就業環境の整備
 ●令和 2年 4月~ 男性社員1名以上の育児休業取得
目標3:フレックスタイム制度の導入を検討する。

<対策>
 ●令和 2年 4月~ 法律上の要件や他社事例を調査検討
 ●令和 2年 7月~ フレックスタイム制の導入
 ●令和 2年10月~ その他、従業員の希望する職務や勤務地限定制度を検討
目標4:在宅勤務やテレワーク勤務等、場所にとらわれない働き方の導入をする。

<対策>
 ●令和 2年 3月~ 男性社員の育休取得への啓発、意識改革
 ●令和 2年 3月~ テレワーク等の様々な就業環境を調査、検討
 ●令和 2年 4月~ 面談調査による実態把握
 ●令和 2年 6月~ 在宅勤務、テレワークに係る研修内容の検討
 ●令和 3年度~   研修の実施